音楽著作権管理者養成講座

youseikouza2015TOP-banner5

 MPAは、毎年「音楽著作権管理者養成講座」を開講しています。
 デジタル化・ネットワーク化の進歩に伴い、音楽業界を取り巻く環境はめざましく変遷しています。この講座は、これらの動向に対応すべく、著作権法(TPP11に係わる改正等)、判例、著作権等管理事業者(JASRAC、NexTone)の業務、作家との契約や原盤制作といった音楽出版社の業務に係る基本的な内容から、アニメ、ライブ、音楽配信ビジネス、AI・IoT等の次世代ネットワークと著作権、フィンガープリント技術を応用した著作権使用料等の徴収・分配、海外著作権動向など、最新の音楽ビジネスの動向も網羅し、総合的に学ぶことができる内容となっています。
 音楽出版ビジネスに携わる方、音楽を利用している企業の方をはじめ、音楽にご興味のある方でしたらどなたでも受講いただけます。先着順のため、受講希望の方はお早めにお申込み下さい。
 過去に講座を修了された方を対象にした、再履修制度もございます。
 
再履修制度についてはこちら
 
2018年度の講座情報についてはこちら

大変多くのお申込みをいただいております。ご希望の方は、お早めにお申込み下さい。
定員になり次第、締切らせていただきます。

〈主 催〉
一般社団法人日本音楽出版社協会
〈後 援〉

文化庁
一般社団法人日本音楽著作権協会 一般社団法人日本レコード協会
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 一般社団法人日本音楽事業者協会
一般社団法人日本音楽制作者連盟 一般社団法人日本映像ソフト協会

 

2019年度募集要項
  • 1. 内容
    音楽出版業務、著作権関係法令・判例、著作権等管理事業の役割・業務・諸規程、音楽出版関連業務、最新の音楽ビジネス動向等の合計50時限
    2019年度講義内容(予定)はこちら

  • 2. 定員および受講料
    (1) 定員 160名
    (2) 受講料  MPA会員 118,800円 / 一般 140,400円
      (税込、いずれもテキスト・教材費含む)

  • 3. 受講申込手続き
     指定の申込書に所定事項を記入し、写真データを添付の上、MPA事務局kouza@mpaj.or.jp宛にメールでお申込みください。
     なお、いただきました個人情報は当講座運営に必要な範囲のみにて使用し、無断で他の目的に利用したり、第三者に提供することは一切ございません。
    ※申込書類を受領し、内容確認後に手続完了のメールをお送りします。お申し込み後、1週間以内に返信がない場合は、念のためお知らせください。

      【申込書のダウンロード】
      Word形式PDF形式
      (Word形式またはPDF形式のどちらかをダウンロードしてご記入ください)

    4. 受付期間
    2019年3月25日(月)~4月25日(木)
    ※定員になり次第、締切らせていただきます。受講ご希望の方はお早めにお申し込みください。

  • 5. 講義日時および会場
    ■講義日

    6月 25日(火)
    7月 2日(火)・9日(火)・16日(火)・23日(火)・30日(火)
    9月 3日(火)・10日(火)・17日(火)・24日(火)
    10月 1日(火)・10日(木)・17日(木)・24日(木)・29日(火)
    11月 7日(木)・12日(火)

    ■時間
    各日13:30~16:35

    ■会場
    TKPガーデンシティ渋谷 4F 「ホール4A」
    東京都渋谷区渋谷2-22-3
    (JR・東京メトロ渋谷駅より徒歩3分)

    6. 修了試験

    1. 受験資格 講義を40時限以上受講した方
    2. 試験日  2019年11月19日(火)
    3. 試験科目 講義において履修した科目のうちから出題します。
  • よくあるご質問

※法人を経由して受講される方は、法人または受講される方の条件によって
 「人材開発支援助成金」の助成対象となる場合がございます。
 詳しくは厚生労働省のホームページでご確認ください。