第22回勉強会(2018年11月28日)を開催しました

第22回MPA勉強会 2018.11.28
楽曲の広告利用に関する取扱いの変更について~タイアップについての変更を中心に~



 11月28日、東京ウィメンズプラザにおいて、第22回勉強会を開催しました。
 今回は、2018年8月に変更され施行された、JASRACの著作権信託契約約款の中で、「楽曲の広告利用に関する取扱いの変更について~タイアップについての変更を中心に~」をテーマに行いました。
 第1部では、JASRAC複製部の江見浩一部長と、広告・ゲーム・映画課の脇澤一弘課長に、楽曲の広告利用に関する取扱いの変更について、タイアップの取り扱い、広告用委嘱曲の「一定の範囲」、広告目的複製の範囲に関するガイドラインの変更点など、事例とともに解説していただきました。
 続いて第2部では、JASRAC内国資料部の津田公直部長、佐藤伸之課長に、タイアップ届及び作品届に係る実務的な変更点について、具体的なケースを交えて説明していただきました。
 当日は、好評につき増席をおこない、当初の定員を上回る約300名の方にご参加いただきました。

*この勉強会は、MPA会員の皆様を対象としたセミナーです。