2022年度音楽著作権管理者養成講座の受講生募集について

2022年度音楽著作権管理者養成講座、申込受付開始

 1991年から30年以上に亘って、MPAでは毎年「音楽著作権管理者養成講座」を開講しております。
本日3月22日(火)より、2022年度養成講座・通常コース及びフォローアップコース(修了生限定)の申込受付を開始いたしましたので、以下各コースのご案内をさせていただきます。
 

通常コース

 本講座では、著作権法や判例、音楽出版社の基本的な業務から、音楽配信、ライブ、アニメ、SNS・YouTube等ネットワーク上の音楽利用や、海外著作権動向等に関する講義を行っており、さらに、今回から新しく「VTuber」に係る音楽出版や、デジタルを活用したプロモーションについての講義を加え、音楽出版ビジネスを総合的に学ぶことができる内容となっております。
 また、本講座は、スクーリングとオンライン配信併用のハイブリッド形式で実施しますので、遠方の方やリモートで勤務されている方でも、ご受講いただきやすくなっております。
 
 通常コースの募集要領
 

フォローアップコース(旧 再履修制度)

 フォローアップコースは、過去に養成講座を修了されている方限定のコースで、YouTube限定公開によるオンライン配信で、アーカイブされた講義をご視聴いただけます。
 10時限・20時限・50時限の3種類の受講コースをご用意しており、全50時限の講義から、それぞれの時限数に応じて、ご視聴する講義を自由にお選びいただけます。詳しい講義日程は、来週中にMPAのホームページ等でご案内させていただきます。
 
 フォローアップコースの募集要領
 

(2022年3月22日)