MaMA2018

MaMA2018

 MaMA2018が、2018年10月17日(水)~19日(金)にフランス・パリで開催されます。
 MPAでは、日本貿易振興機構(JETRO)と共催して、日本の音楽文化並びに音楽コンテンツのPRとそれに係る企業の支援を目的とした事業展開を行います。
 メイン会場内に専用の商談スペースを設置、海外団体との情報交換や参加企業の商談会場として活用するほか、別会場によるネットワーキングイベントや日本アーティストによるショウケースライブを実施いたします。

 <後援団体>
一般社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)
一般社団法人 日本レコード協会(RIAJ)
公益社団法人 日本芸能実演家団体協議会(GEIDANKYO)
一般社団法人 日本音楽事業者協会(JAME)
一般社団法人 日本音楽制作者連盟(FMPJ)
一般社団法人 日本映像ソフト協会 (JVA)
一般社団法人 日本音楽作家団体協議会(FCA)

※本事業は、一般社団法人日本音楽著作権協会および一般社団法人日本レコード協会より助成を受けて実施しています。

TOUR

「MaMA2018」ツアーのご案内

  MPAは、2018年10月17日からフランス・パリで行われるMaMA2018への参加ツアーの募集を開始しました。是非この機会を有効にご活用くださいますようご案内申し上げます。

ツアー日程 2018年10月16日(火)~10月21日(日)の6日間コース
料金 おひとり様 314,900円より
ツアー詳細 http://regency-trvl.com/mama/2018/
主催・ 企画 一般社団法人日本音楽出版社協会
運営 リージェンシー・グループ(株)

※上記ツアー料金のほか、MaMA登録料、空港税、燃油サーチャージがかかります。
※このツアーはMPA及び本事業にご協力いただく関係団体(日本音楽著作権協会、日本レコード協会、日本芸能実演家団体協議会、日本音楽事業者協会、日本音楽制作者連盟、日本映像ソフト協会、日本音楽作家団体協議会)会員の方を対象にしています。
※MaMA登録手続きご希望の方は、MPA事務局までお問い合わせください。

LIVE

 MaMAは、2010年に開催された音楽見本市で、52か国からコンベンションに5,620名、フェスティバルに4,713名が参加、音楽出版、原盤、アーティストマネージメントはもちろん、アプリケーションやアーティストグッズ等、幅広い分野の企業が参加しています。
 期間中には、たくさんのライブ(2017年実績:10会場、180本、441アーティスト)が開催されており、MIDEMに比べて、コンサートプロモーターの参加が多いのも特徴の一つです。
 今般、MPAと日本貿易振興機構(JETRO)を窓口として、ライブへの参加アーティストの募集を実施いたしました。

JAPAN STANDやカンファレンス、その他企画につきましては、詳細が決まり次第随時更新してまいります。